AGAに完治はない?発毛してもプロペシアやミノキシジルの使用をやめたら抜け毛が進行していくって本当? | 自毛植毛費用|実績多数の病院で失敗しない植毛手術をする為の情報

AGAに完治はない?発毛してもプロペシアやミノキシジルの使用をやめたら抜け毛が進行していくって本当?

AGAに悩んでいる人は、今やある程度年齢を重ねた男性だけでなく、若年層や女性にも広がっています。

AGAの原因として考えられるのは、ストレスや現代人の生活習慣の乱れ、体質などによってホルモンバランスの乱れが生じた結果、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになったことといわれています。

男性ホルモンは、分泌量が一定以上になると髪の毛の成長や発毛を阻害するDHTとなり、髪の毛が十分に成長して太くなる前にどんどん抜けてしまう状態になります。

これによって髪の毛全体が細くなるので頭皮が目立つようになってきて、それぞれの髪の毛も抵抗力が弱くなり、些細なことで抜けやすくなります。
さらに新たに髪の毛を生み出す力も弱っていることから、薄毛はどんどん進行していくという悪循環になります。

男性ホルモンの分泌異常は多くの人に見られますが抜け毛や薄毛に個人差があるのは、男性ホルモンをDHTに変える酵素の量や男性ホルモン受容体の感受性が異なるためです。
逆に言えば、これは生まれながらの体質や遺伝によるものですので、後天的な生活習慣の改善では完治させるということは不可能です。

もちろん、男性ホルモンの分泌異常を抑制させるために、正しい生活習慣を心がけるということは重要ですが、必ずしもそれだけで完治するというものではありませんので、何らかの対策を考える必要があります。

これらのことから、近年クリニックでほぼ必ず処方されている、プロペシアやミノキシジルといった薬が有効であるかどうかを考えたとき、恒久的な効果が期待できるとは考えられないことがわかります。

プロペシアにはフィナステリドという男性ホルモンの分泌量を調整する成分が入っていますが、服用中は抜け毛や薄毛の原因となるホルモンの過剰分泌を抑えてくれますので、抜け毛の進行を止められます。

正常なヘアサイクルが戻ることで、髪の毛が再び太くなって新しい髪の毛も生えるようになり、実際に頭皮が目立たなくなってきたという効果を実感している人が多数います。

一方で、服用をやめた途端にホルモンの分泌異常が再開されてしまうため、また薄毛が進行するようになります。この薬は薄毛が気になっている期間はずっと、服用し続けなければならないということになり、毎月の費用負担を考えるとかなり高額になってしまいます。

ミノキシジルは塗り薬として処方されていることもありますし、服用するタイプもあります。いずれももと元は血管を拡張させるための薬として用いられていましたが、血管が拡張して血流がよくなることにより、髪の毛に必要な成分が頭皮にいきわたるようになって、健康な毛髪を育てる補助をしています。

その結果、髪の毛が以前よりも太くなってきたと感じる人が多く、現在では一般的なAGAの治療薬として知られるようになりました。こちらも服用をやめることで血管は元の状態に戻りますので、再び栄養がいきわたりにくくなり、また薄毛が進んでしまうというリスクがあります。

このように、現在一般的に処方されている治療薬は、その場限りの効果としては多くの人が実感しているものの、恒久的な治療方法とは言えません。現在では、専門医が食生活や生活習慣を改善したり、薄毛によいとされているヘアケア製品を使うことによって症状の進行を和らげることはできますが、こちらも完治とは言えない状況です。

薄毛を半永久的に何とかしたいという場合には、投薬やヘアケアではなく、物理的な改善方法を検討する必要があります。

近年注目をされている育毛メソセラピーなども、1クール終えると長期的な効果の持続性が期待できるといわれていますが、こちらは効果が出るまでにある程度時間が必要になります。

日本での歴史も比較的長い植毛は、髪の毛を頭皮に植え込むことによって短時間で髪の毛のバランスを整えることができます。

自毛植毛の場合には、もともと太い髪の毛が生えている個所を株分けして植え込んでいきますので、成長を阻害されたとしても比較的抜けにくい髪の毛になり、改善効果が期待できます。

また、人工毛を植毛した場合には、好きなだけ髪の毛を増やすことができますし、今では色や形、長さもいろいろなものがそろっていますので、自分の髪の毛に近いものを使用することで違和感なく増毛できます。

これらは外科手術になりますので、痛みや術後の経過などを気にする人も少なくありませんが、今では株分けの方法や使用する人工毛も進化していますし、植毛技術自体も研究されていますので、どんどん痛みもダウンタイムもほとんどない手術へと変更されています。

部分麻酔を使用しますので術中の痛みはほとんどありませんし、術後のダウンタイムも短く、すぐに仕事などに戻ることができます。長期間にわたって投薬などで様子を見るのが苦痛になってきた人は、短時間で長期的な改善が期待できるこれらの方法も検討してみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ