自毛植毛って1回の手術で終わるの?何度も手術を受ける場合ってどういう時? | 自毛植毛費用|実績多数の病院で失敗しない植毛手術をする為の情報

自毛植毛って1回の手術で終わるの?何度も手術を受ける場合ってどういう時?

自毛植毛は発毛率が高く、二度と生えてこないと諦めた部位に再度毛を生やすことができるという点でかなり有効な治療方法です。

しかし、基本的に保険適用ができずに自由診療となるため高額な費用がかかります。
そのため、できることなら一度の施術で終わらせたいと考える人が多いかと思われます。

では、自毛植毛は一度の施術でも終わるのでしょうか。

実は、一度の施術で終了できるかということについては、どれだけ薄毛の状態が広範囲に及んでいるかによっても異なってくるのです。

また、どれだけ自分の頭皮から移植するグラフト(株)が採取できるかということにもかかわってきます。

本来、一回の施術で移植できる髪の毛の本数というのは4000本とされており、これは薄毛が深刻な場合の移植本数であるため生え際のみや頭頂部のみであればさらに少ない本数で施術を行えるといえます。

中には、高密度植毛と呼ばれるメガセッションでは5000本以上、ギガセッションにおいては10000本以上の移植が可能とされていますが、これらの施術を行っているクリニックは非常に少ないので通常は4000本が移植本数の限界と考えて良いでしょう。

たとえば、薄毛の状態が生え際や頭頂部のみで、後頭部や側頭部は十分に髪の毛が残っている場合にはドナー採取をたくさん摂ることも可能であり、移植する範囲も少なくて済むので一度の施術で終わる可能性は高いといえます。

そのため、4000本以上の移植が必要であり薄毛の進行度合いが深刻で十分にドナー採取を確保できない場合には、せっかく自毛植毛を行っても十分な密度にならずに寂しい状態の頭皮になることが考えられますので、その場合には2回目以降の施術が必要となるでしょう。

クリニックによっては、2回目以降の施術が必要な場合、その施術費を半額で提供してくれるクリニックもありますので、複数回施術が必要となるそうな人はそういったサービスを行って居るクリニックで施術を受けるのが望ましいでしょう。

あるいは、費用は通常の自毛植毛よりも高額になってしまう可能性は高いですが、始めからメガセッションやギガセッションを行っているクリニックで施術を受けるのも一つの選択といえます。

それらを行っているクリニックが非常に少ないのは確かですが、複数の医師とスタッフを揃って一回の施術で13000本以上の移植を提供しているクリニックもあります。

本来であれば、メガセッションやギガセッションなどの移植本数が多くなればなるほど定着率が悪くなるのが一般的なのですが、90%以上の高い定着率を誇るクリニックもありますので、薄毛の進行具合が厳しい状態の人は、始めからそういったクリニックを選ぶのも良いでしょう。

自毛植毛は、初期費用が確かに高いので、費用の面で躊躇して居る人も少なくないでしょう。

ただ、一度の施術で発毛すれば、その後メンテナンスなども必要ないので一生涯継続してかかるはずだった薄毛対策費も抑えることができますので、効果がなかなか期待できない市販薬で改善を図るよりも自毛植毛を受けてみて薄毛と縁のない生活を送れるように試してみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ