人工毛植毛の術後に起き得る副作用について | 自毛植毛費用|実績多数の病院で失敗しない植毛手術をする為の情報

人工毛植毛の術後に起き得る副作用について

植毛というと、最近は自毛植毛の時代ですが、少し前までは植毛というと人工毛植毛が利用されており、今でもこうした治療を行うクリニックがあります。

まず、この治療方法の良いところは、自毛のように成長するのを待つ必要がなく、すぐにボリュームアップができるということがあげられます。そして、毛髪を採取するために、頭皮を切り取るような手術も必要ありません。

目立たずに少しずつ髪を増やしたい人、取り外しが必要なカツラは嫌だという人にも向いている治療です。仕上がりも自然となりますし、見た目も本物の髪に近く、ヘアカット、シャンプーなどもそのまま行うことができます。

しかしながら、こうした治療はメリットばかりではないので、治療前にはどのような副作用があるのかも確認しておくことが大切です。

まず、人工毛植毛の場合は本物の髪を植え込むわけではありませんので、拒絶反応が起きたり、炎症が起きてしまう可能性もあります。それゆえに、せっかく高額な費用を出して治療を行っても、植え込んだ人工毛がまた抜け落ちてしまう、取り外しが必要となる可能性もありますし、炎症が起きてしまうことで、周辺の本物の髪まで抜けてしまう可能性もあります。

人工毛はすぐに理想のボリュームが得られる便利な存在ですが、体にとっては異物と判断されますので体外から追い出そうとする傾向があり、抜けやすくなります。それゆえに植え込む場合は皮膚の深いところまで植え込む必要がありますが、人工的に植え込んだ髪は簡単に取り除くことができませんので、化膿や炎症も起きやすくなってしまいます。

また、本物の髪ではありませんので、一度抜け落ちてしまった人工毛は生えてくるということはありません。放置しているとどんどんボリュームダウンしてしまい、定期的にメンテナンスが必要ですので、思いのほか多くの費用がかかってしまうこととなります。

そしてメンテナンスのたびに副作用で悩まされている人もまた少なくありません。人工毛植毛は、すぐに結果を出すことができますので、一時的にボリュームアップしたいときなどには便利な治療ですが、長期に続けていくのはかなり難しいと言えます。

最近は植毛治療は人工毛よりも自毛を選ぶことが多くなっており、治療に対応しているクリニックも増えました。自毛の場合は自らの体の組織を使っていますので、炎症、拒絶反応が起きるというリスクもかなり抑えられています。

髪が成長するまでは一度、植え込んだ髪が抜け落ちてしまうこともありますし、成長するまでには何か月も必要となりますが、そのかわり、しっかり定着した髪はずっと伸び続けてくれます。そして、人工毛植毛のようなメンテナンスが必要ありませんので、トータルの出費もかなり抑えられることとなります。

植毛治療も選ぶ方法により、その後のメンテナンス費用、仕上がりなどもかなり変わってきますので、治療内容、メリットやリスクはよく理解しておくことが大切です。



このページの先頭へ